気になる?上手に土地活用をするコツ

自分の子供に譲渡する場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる?上手に土地活用をするコツ
さまざまな種類の土地活用方法がある中で、自らの子息などに、所有する土地を譲り渡すことを選択する消費者も少なからず存在すると思われます。
自分が死んだ後に、残された家族の生活費や食費、子どもの教育費、親の養育費、被服費、住居費など、多様なバリエーションの名目で掛かってくるコストのことを考えて、生命保険に加入したり、早い段階から預貯金をして、多くの遺産を残したりする人は数多く見受けられます。
そのように、金銭を遺産として、受け取る権利のある人に分配したり、生前贈与をおこなったりすることによって、幅広いジャンルの有効活用方法を考えることが出来るというアドバンテージがあります。
それに対して、土地を残す場合には、ある程度の範囲内まで運用方法が限定されてしまうという問題点が存在することになります。
ただし、その土地を売却したり、他人に貸し出したりすることによって、結果的に金銭的な収入を得ることは充分可能になるでしょう。
また、自らの生活するための、適当な住居が見つからない場合には、親から譲り受けた物件に、そのまま住み続けるという選択肢もあると思われます。
特に、最近では、「二世帯住宅」や「三世帯住宅」などといった呼称の付せられた物件を見聞きするケースも少なくなくなってきております。
そのような状況の中で、両親や祖父母、子、孫と同居する人たちが多くなってきているのが実情のようです。
そうした場合には、親から建物や土地を譲り受けると言っても、それらの所有権が子どもへ移るだけの話で、日常生活を送る上では何の変化も起きないケースが少なくないと考えられます。
とは言うものの、そのような手続きをきちんとしておかないと、後々になって面倒なトラブルに巻き込まれることも稀ではありませんので、注意を払う必要があります。
まず、遺産相続の権利がある人や、分配の割り合いなどは、法律で定められておりますので、そちらの取り決めにしたがって、遺産を訳与えることが必要になります。
ただし、そちらのルールにしたがわず、別の方法で相続をおこないたい場合には、遺言書を作成することによって、可能になるケースが少なくないそうです。
例えば、配偶者や実子には相続の権利があっても、よそから嫁いできた嫁には、その権利が存在しないという法律の定めに対して、不満を持つ姑や、舅も存在するという話です。
そういう場合には、嫁に遺産が渡るよう、公正証書を作成すると良いでしょう。
おすすめコンテンツ
おすすめコンテンツ

Copyright (C)2018気になる?上手に土地活用をするコツ.All rights reserved.