気になる?上手に土地活用をするコツ

空室を埋めるための工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる?上手に土地活用をするコツ
自分の所有する土地にマンションやアパート、一軒家などといった住宅や、オフィスビルなどを建設して、入居者やテナントを募集し、賃貸収入を得ることは、土地活用をするための代表的な選択肢のひとつと言って良いでしょう。
そのようにして、上手く空室を埋めることが出来、マンションやビルの経営が軌道に乗ったとすれば、半永久的に継続収入を得ることが可能になります。
そういった事情から、長期的な視野に立てば、売却するよりも、貸し出した方が一層多くの金銭的メリットを得ることが出来るケースも少なくないと思われます。
ただし、そうした物件のオーナーとして、成功するためには、持って生まれた商才や、努力によって培われた経営のノウハウ、知識、スキルに加えて、社会情勢や政策の変化など、運やめぐりあわせなどをも味方につけることが重要なファクターになってくることでしょう。
もしも、そのような才能や努力が無かったり、運に見放されたりした場合には、空室率が上がり、経費ばかりがかさんで、赤字経営を強いられることにもなり兼ねませんので、注意しなければなりません。
そのような事態を招かないためには、可能な限り多くの入居者やテナントを見つけることが第一段階として必要になるでしょう。
ただし、暴力団関係者や薬物乱用者、犯罪者、挙動不審者、性同一性障害者などといった住人や、客層の悪いショップ、キャバレー、ストリップ劇場、風俗店などのテナントが入った場合には、他の入居者やテナントから悪いイメージを持たれたり、敬遠されたりする傾向が少なからずあるそうなので、気をつける必要があります。
また、そういった事情のある入居者やテナントが、物件全体の印象を悪くしたり、まわりの人たちに迷惑を掛けたりする可能性が低くはないことも、否めない事実と言えるでしょう。
それら諸々の事情を考慮すると、そういう人や店舗が入ったことによって、他の入居者やテナントが退出したり、それ以降の集客効果が低くなったりすることも少なからず想定されることでしょう。
したがって、ただ単に、当面の空室を埋めることだけに執着するのではなく、先々を見越して、利益が上がるように、入居者やテナントの選定には充分に注意を払うことが必要となります。
そのために、事前審査の基準を厳しく設定して、不審な点がある場合には、徹底的に調査を実施したり、入居をお断りしたりすることも必要になってくると思われます。
おすすめコンテンツ
おすすめコンテンツ

Copyright (C)2018気になる?上手に土地活用をするコツ.All rights reserved.