気になる?上手に土地活用をするコツ

集客率の下がる原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる?上手に土地活用をするコツ
自らの所有する物件に入る住人やテナントを出来るだけ多く見つけて、空室を少なくすることは、マンションやアパート、オフィスビルなどのオーナーとして、土地活用を成功させるためには重要なファクターとなります。
とは言うものの、なかなか入居者や店舗が見つからず、思った通りの収入が得られないケースは少なからず存在するようです。
そのように、集客効果が低くなる背景には、多様なバリエーションの要因が潜んでいることが想定されます。
例えば、建物の立地条件や交通の便、周辺環境などといった各種条件が悪かったり、エクステリアやインテリアのデザインや仕様が時代遅れであったり、万人受けしないマニアックなものであったり、賃料の値段設定が高過ぎたりすることによって、客の集まりが悪くなるケースはめずらしくないと考えられます。
その内、物件の所在する場所や、環境に不人気の原因がある場合には、オーナーの努力や働きかけによって、解決することの出来る問題が少なく限られているというディスアドバンテージがあります。
したがって、そういう場合には、その建物や土地を売り払って、別の場所で賃貸物件の経営をすることを考えるのが最も得策かと思われます。
また、建物の外観や、内装などに問題がある時には、それらのヴィジュアル性や機能性を変更することによって、集客率が高くなることも充分に期待されるでしょう。
特に、派手派手しいカラーや、華美過ぎる装飾などは、ごく一部のマニアックな趣味・趣向を有する人たちを除いて、敬遠される傾向が強いですから、より一層オーソドックスで、無難なものへと変えた方が良いものと考えられます。
その他に、客寄せの目玉となる新しい設備や備品などを導入することも、良いのではないかと思われます。
ただし、それらのことをおこなうためには、建物の外壁を塗り替えたり、部屋の壁紙を貼り替えたり、仕様変更をおこなったりするなど、大規模な増改築やリフォーム工事が必要となり、それだけ多くのコストや時間、エネルギーを必要とすることになる傾向が強いです。
そして、もしも、それらの対策を講じたとしても、期待通りの効果が得られなかった場合には、当初の目的であった、集客効果を高めることが出来なくなってしまうばかりか、建て替え工事などをおこなうために掛かった経費の元を取ることすら可能にはなり得ず、かえって多くの損失を被る結果を招くリスクも低くはありませんから、充分に注意しなくてはいけません。
おすすめコンテンツ
おすすめコンテンツ

Copyright (C)2018気になる?上手に土地活用をするコツ.All rights reserved.