気になる?上手に土地活用をするコツ

賃料改定と共有部分の管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる?上手に土地活用をするコツ
マンションやアパートなどといった集合タイプの物件や一戸建て住宅、オフィスビルなどの経営者となり、賃料収入を得るという土地活用の方法を選択した場合には、なかなか空室が埋まらなくて、苦労するケースが少なくないようです。
そのような時には、賃料が高過ぎる値段設定になっているのではないかということも、疑ってみることが必要となるでしょう。
入居者やテナントが見つからず、部屋が空いたままであれば、賃料による収入はまったく入って来ないことになります。
そのような状態に比べれば、賃料を引き下げてでも、空室が埋まった方が、少ないながらも収入が得られる分だけ、メリットが多いと考えられます。
ただし、同じ集合物件の中で、すでに入っている住人やテナントが存在する場合には、区分ごとに条件が変わってしまうのは好ましくありませんので、注意することが必要となります。
そのようなことを不用意におこなった場合、以前から入っていた住民や店舗から苦情が出たり、退出の申し出があったり、オーナーに対する信用が失われたり、不信感がつのったりするなど、有形無形のトラブルが発生するおそれが少なからずありますので、気をつける必要があります。
そういった事情を考慮して、全戸一斉に賃料の引き下げをおこなうのも、ひとつの方法になると思われます。
ただ、そのような料金設定の改変をおこなった場合、長期的な視野に立つと、かなりの金銭的損失を被ることになることが想定されますので、注意することを要します。
それら諸々の事情を綱領に入れると、賃料設定はとりあえずそのままにしておいて、他の方法で集客効果を高めるための努力をした方が良い場合も少なからずあることと考えられます。
例えば、廊下や階段、屋上、玄関ロビー、庭、花壇、外灯、エレベーター、ベンチ、キッズルーム、防音室、来賓室などといった共用部分の手入れや管理を入念におこなうのも、良い方法だと思われます。
そういった共有スペースは、その物件の入居者やテナントのスタッフだけではなく、来訪者や通行人なども自由に出入りすることが出来る場合が多いようです。
そうしたことから、それらの場所のコンディションが、物件のイメージを左右するケースも少なからず存在することと思われます。
また、物件のオーナーともなれば、入居者からのクレームなどがあった場合に、スピーディーに、そして丁寧に対応することも必要になってくると考えられます。
おすすめコンテンツ
おすすめコンテンツ

Copyright (C)2018気になる?上手に土地活用をするコツ.All rights reserved.