気になる?上手に土地活用をするコツ

セキュリティ体制の強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる?上手に土地活用をするコツ
集合住宅や一軒家、オフィスビル、事務所などのオーナーとなり、賃貸収入を得るという土地活用の方法を選択した場合には、如何にして空室を無くし、多くの金銭的メリットを得ることが出来るかということが、成功するか否かの分かれ道になります。
そのように、物件の経営者として成功するためには、入居者やテナントにとって魅力的な生活環境を提供することが重要なファクターになってくるでしょう。
例えば、オートロックや監視カメラなどといった防犯設備を付帯したり、管理人や警備スタッフが常駐したりするなど、セキュリティに力を入れることによって、顧客の安心度が高まり、集客効果や定着率が高くなることが少なからず期待されるでしょう。
特に、女性や高齢者、身体障害者など、社会的に弱い立場に立たされることの多い人たちにとって、それらのサービスは心強い味方になると言って良いでしょう。
また、最近では、段差を無くして、スロープを設置するなど、自分の所有する物件を、バリアフリーを重視した設計に変更するオーナーも少なからず見受けられるようです。
それらの方法の内、新しい設備や機器を導入する場合には、それらを購入したり、設置工事を施したりするためのイニシャルコストや、管理やメンテナンス、修理、修繕、機器の交換などに掛かるランニングコストを負担する必要がありますので、注意いすることが必要です。
ただし、いったんそれらのものを導入してしまえば、後は定期的にメンテナンスをおこなうだけで良いのですから、人を雇う場合に比べれば、長期的にはコストが安くつく可能性が高くなると言えるかも知れません。
それに対して、管理人や警備員を常駐させる場合には、そういったスタッフを派遣する会社と契約を取り交わして、定められた人件費を支払うことが必要不可欠なファクターとなります。
その場合、設備や機器を購入したり、設置したりする時間やエネルギー、コストを節約することが可能になるというアドバンテージがあります。
ただし、防犯設備の場合には、導入さえ済めば、後は放置しておいてもそれほど多くのコストが掛からないのに対して、そうしたスタッフの場合、駐在する時間に応じて、然るべきコストを払うことが必要になるというデメリットがあります。
そういう金銭面のリスクを少しでも減らしたい場合には、常駐するのではなく、時間や曜日を決めて、管理人や警備員に来てもらうようにすることも検討すると良いでしょう。
おすすめコンテンツ
おすすめコンテンツ

Copyright (C)2018気になる?上手に土地活用をするコツ.All rights reserved.