気になる?上手に土地活用をするコツ

音や振動による苦情処理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる?上手に土地活用をするコツ
多様なバリエーションが存在する土地活用方法の中から、集合住宅や一軒家、オフィスビル、事務所などの経営をするという道を選んだ場合には、空室を埋めることがまず第一に必要なファクターとなるでしょう。
ただし、たとえ入居者やテナントが見つかったとしても、それだけでは、オーナーとして成功を収めたことにはなりませんので、気をつけなければなりません。
と言いますのも、住人や店舗が入った後から、発生するトラブルも少なからず存在するからになります。
そういった問題が起こった時に、物件の管理者が、事情がわかっているにもかかわらず素知らぬふりをしたり、誠意を持って対応しなかったりした場合には、顧客からの信用が失われ、物件を出て行かれたり、物件やオーナーに関する悪い評判が広まって、集客効果が低くなったりするなど、さまざまな種類の悪い影響をもたらすことが想定されますので、注意する必要があります。
特に、集合タイプの物件や、テラスハウス、長屋などでは、左右の隣室や上下階の居室と、壁や天井、床を一枚隔てただけでつながっている住戸が数多く存在することから、騒音や振動によるトラブルが絶えないという問題があります。
そのようなトラブルに関して、入居者や近隣住民、通行人、来訪者などからクレームが入った場合には、迅速かつ丁寧に対応することが重要なファクターになってまいります。
オーナーが、入っている住人やテナントから、毎月受け取っている賃料は、そのようなクレーム対応をするなどして、顧客に快適な生活環境を提供するために使われるべきものになります。
したがって、物件の経営者が、そちらの義務を果たさないでいると、住民などの不満がつのって、さまざまな問題に発展することが想定されますので、充分注意しましょう。
それら音や振動を原因とするトラブルは、一定のレベルを超えない限り、法律の力で取り締まる訳にはゆかないという問題があります。
とは言うものの、法定制限範囲内のレベルであったとしても、音や振動の質や発せられる頻度、回数、時間帯などによっては、非常に耳障りに感じられるケースも少なくないというのが実情のようです。
また、同じ音や振動であっても、人によって、感じ方が異なるケースも少なからず存在するということです。
そういった不確定な要素が数多く含まれる問題を、当事者同士で話し合って解決をすることは、困難を極めるケースもめずらしくありません。
おすすめコンテンツ
おすすめコンテンツ

Copyright (C)2018気になる?上手に土地活用をするコツ.All rights reserved.