気になる?上手に土地活用をするコツ

不動産仲介業者との契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
気になる?上手に土地活用をするコツ
アパートやマンション、一戸建て住宅、雑居ビルなどのオーナーになるという土地活用の方法を選択した場合、入居者やテナントを募るためには、自ら募集をおこなう他に、不動産仲介業者と契約を結んで、宣伝・広報活動を依頼するという選択肢もあります。
そうした業者の中には、自社の運営するオリジナルホームページや出版している雑誌、パンフレットなどを有したり、全国津々浦々に数多くの支店があり、広い情報ネットワークを持っていたりするところも少なからず見受けられます。
また、テレビやラジオ、新聞、雑誌、インターネット上のウェブサイトなど、多様なバリエーションのメディア特性を有効活用して、消費者に対する認知度を高めたり、集客効果アップを図ったりしている業者もめずらしくはありません。
そういった業者と契約すれば、自身で営業をおこなうよりも、少ない時間やエネルギーで、効率的に顧客を獲得することが出来る可能性が高く寝ると思われます。
ただし、そのように、宣伝や広報活動に力を入れている業者は、それだけ多くの人件費や設備費、広告費などを必要とすることになり、おのずから依頼料金も高額に設定される傾向が強くなりますので、注意することが必要になります。
また、オーナーがそういう業者に依頼するのではなく、業者の方から、オーナーの所有する物件を顧客に紹介させてほしいという申し出があるケースも少なからず存在するといういことです。
例えば、今まで入っていた住人が退出して、空室が出来た場合には、そちらの情報が、不動産の仲介業務を取り扱う業者の耳に入るケースも少なくありません。
その種の仲介業者の中には、専門のスタッフを雇って、そのような空室情報をいち早くキャッチすることが出来るよう配慮しているところもめずらしくないそうです。
そういう情報を手に入れた業者は、その物件が魅力的な条件を備えており、採算が取れると見込んだ場合には、オーナーへ連絡を入れ、先に述べたような申し出をする運びとなります。
そして、そのような業者は、バリエーション豊かに、数多く存在しておりますので、ひとりのオーナーのもとに、複数の申し出が入ることも少なからずあると思われます。
そういった場合には、それぞれの業者が提出した見積もり金額を比較したり、コストや依頼内容に関する打ち合わせを、業者スタッフとの間でおこなったりして、最終的に依頼する一社を決めることになるのでしょう。
おすすめコンテンツ
おすすめコンテンツ

Copyright (C)2018気になる?上手に土地活用をするコツ.All rights reserved.